*.゚・。* キラキラ万華鏡 *。・゚.*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢キュン。

昨日22時まで残業して、今日9時半出勤って、
あたしほんまに派遣!?バイト!?学生!?
…と問いたくなるくらい忙しい通信業界の今日この頃
しかも今日は朝一からインバウンドに入ってたのですが
お電話が鳴り止まないこと鳴り止まないこと。
あなたは、2時間半ずっと喋り続けた経験はありますか?
いくらマシンガントーカーと言われるわたしでも
息つく間くらい欲しいですがなヽ(゚∀。)ノ
しかも
「ただいま申し込みが大変殺到しておりますので、
もうしばらくお待ち頂けませんでしょうかぁ?
ご迷惑をお掛けして申し訳ございません(←10回中9回は噛む)」
の繰り返し。
2時間半コレ。
誰かテープに録音して流しといてくれ。


そんな忙しい中、突然上司に
「今日オレの夢に、愛ちゃん出てきてん!」と言われました。
なんやろう、あたしのオトメゴコロのツボに入った。
不覚にもドキドキしたやないかヽ(゚∀。)ノ
「出演料頂きましょうか」としか返せなかったわたし、
自分でもびっくりするくらいベタでーす(どーんどーんどーん!ベタベッター
夢と言えば。
何年か前、大嫌いだった赤西仁が夢に出てきて
夢の中でイチャイチャちゅっちゅしてしまったばっかりに
次の日一日だけ赤西仁を好きになった過去もあります
…どう考えても↑この文いらんよな。



コメントレス to みお山子

つづきを表示

スポンサーサイト

パニックパニック

事件は、残業を終えて駅まで歩いてる時に起こりました。


何を隠そうわたしは、歩いてようが走ってようが
常に手にケータイを持っていないと不安になる通信ジャンキーなのです。
今日もいつものように歩きながらケータイを取り出そうとしました。
HOWEVER!
いくら探してもカバンの中にドコモちゃんがいないではないか。
超黄色の本体に、ピンクファーのストラップと、
道明寺バリの十字架が付いてるんだから、
いくら仕事で疲れた目とはいえカバンに入ってない事は5秒でわかる。
リアルに引いていく血の気。


別に個人情報だとか不正利用だとかそんなことはどうだっていいの!
あたしのケータイは、見られてはいけないデータが多々入っているの!
浮気中の男にさえも勝るくらいのヒミツデータを持ってるの!
メール、bookmark、画面メモ、SDカード、その他もろもろ、
万が一仕事仲間に見られて晒し者にでもされたらわたしもう…(;OДO)


泣きそうになりながらダッシュでオフィスへ戻り、
ロッカーの中、休憩室、トイレ、自分が歩いた場所、全て探しました。
でもないんです!どこ探してもないんです!
向かいのホーム!路地裏の窓!こんなとこにいるはずもないのに!
ウィルコムから電話をかけてみても、まさかのみかかブロック!
そのうえ必死な形相で走り回るわたしを
珍しいゴリラでも見るかのような目であしらう同僚の男子!
でも今はそんなことどうだっていいんです。
ひとりのゴリラ扱いより、みんなの晒し物になるほうが…(;OДO)


しかしやはりオフィス外には影も形もなかった。
もう誰かに私のケータイ見てないか聞きまわるしか手段はない。
「オフィス内に一切の電子機器類を持ち込んではいけない」
という社内ルールをも思いっきり忘れ、
左手に思いっきりウィルコムを持ち、
まだ遅番の人が働いているオフィスへ飛び込みました。
そして一番近くにいたSVさんに聞いてみると、そっこーで
「あ、もしかして黄色?」

…ちょ、ネ申降臨はやすぎやろコレ・゚(゚つ∀`゚)゚・。

はい!そうです!そうです!と縋り付くと、
普段関わったこともないオエライさんのデスクに連れていかれました。
彼のデスクには黄色とピンクのうるさいケータイが
それはそれは丁寧に保管されていました。
デスクと垂直に。ストラップも絡む事なく。めっちゃ綺麗に。
うわああああ、コレです!コレです!と思わず飛びつきました。
はあ…ほんまに良かったよ!
心優しいひとが拾って社員さんに預けてくれたんや!
わざわざ電源を切ってくれていた事からして
中身を勝手に見られた心配もないだろうし!
はああああ☆預かって頂いてありがとうございまーす(*´∀`*)ノシ


と社員さんからケータイを受け取り、意気揚々と帰宅しようとしたところで、
彼が全然笑っていないことに初めて気付いた。
…ちょっと待って。
あたし、右手にはライバル会社のケータイを思いっきり握り締めてる。
そして、左手にはこれまた他社のケータイを思いっきり握り締めてる。
あ、しかも超セキュリティ違反。





…おつかれした

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。